メンズ【青シャツ】コーデ解説

Choya Blog 2024/02/16

メンズ【青シャツ】コーデ解説。絶対知りたい!スーツ・ネクタイの合わせ方をご紹介します。


  1. 青シャツが与える印象
  2. 着用NGシーン
  3. 青シャツの種類
  4. 青シャツに合う、おすすめネクタイの色
  5. 青シャツに合う、おすすめスーツの色
  6. 季節別おすすめコーディネート
  7. シーン別おすすめコーディネート
  8. まとめ

1.青シャツが与える印象

青いワイシャツは、「爽やかさ」「知的さ」「誠実さ」「清潔さ」「洗練」というようなプラスの印象を与えます。好感度がとても高く、また多くのビジネスシーンに対応できるオールマイティーなシャツです。ここではブルーのシャツを着こなす際の、スーツやネクタイのコーディネートのポイントをご紹介します。ぜひブルーのシャツをおしゃれにかっこよく着こなしましょう!

ブルーシャツ

2.着用NGシーン

青いシャツは、幅広い場面で使えてとても便利。でも着用を避けたほうが良い場面もあるので気をつけてください。

ブルーのワイシャツを着ないほうがいいのは、いわゆる「冠婚葬祭」です。お葬式・お通夜・結婚式では白いシャツを着るのがマナーですので、ブルー系のシャツは避けましょう。ただし、レストランでの結婚披露パーティーや二次会など、少しカジュアルでも大丈夫な場面ではブルー系のシャツでも問題ありません。

3.青シャツの種類

●無地

ベーシックでシンプルな無地。純粋に色を楽しめます。色の濃さによりイメージが変わります。

無地ブルーシャツ

●織柄入り

ぱっと見は無地に見える、さりげない織柄模様入り。光沢感や高級感があり、より上品なイメージになります。

織柄入りブルーシャツ

●ストライプ

キリっとしたストライプ。ストライプの太さにより印象が変わります。さりげなくするには細めのストライプ。印象を強めにするなら少し太めのストライプがおすすめ。

縦縞柄ブルーシャツ

●チェック

チェックは少しカジュアルな印象です。大きめのチェックや色数の多い柄は、よりカジュアル感が高くなるため、ビジネスシーンでは難しくなります。ビジネスで使う時は、細かめで単色のチェック柄がおすすめです。

格子柄ブルーシャツ

4.青シャツに合う、おすすめネクタイの色

●青シャツ×紺色ネクタイ

ブルーシャツに一番しっくりくるのは、同系色の紺(ネイビー)でしょう。紺のネクタイはトラッドで固めな印象がありますが、シャツを白ではなくブルー系にすることで、雰囲気が柔らかくなります。柄は無地・ストライプ・ドット(水玉)・小紋などどれでもOK。スーツも紺にして、ブルーの同系色コーデにすると更にスタイリッシュな印象になります。

紺色ネクタイ&ブルーシャツ

●青シャツ×茶色ネクタイ

意外に感じるかもしれませんが、青シャツと茶色のネクタイの相性は抜群!爽やかなブルーとシックなブラウンを合わせると上品で洗練された雰囲気になり、おしゃれ度がぐんとアップします。青シャツに茶色のネクタイは、ぜひ試してもらいたい組み合わせです。

茶色ネクタイ&ブルーシャツ

●青シャツ×黄色ネクタイ

ブルーとイエローは爽やかで若々しい組み合わせ。フレッシュさや快活さをアピールしたい時におすすめです。青いシャツに黄色のネクタイを合わせるときは、スーツは落ち着いた色味を選ぶといいでしょう。

黄色ネクタイ&ブルーシャツ

5.青シャツに合う、おすすめスーツの色

●青シャツ×ネイビースーツ

青シャツに一番相性がいいスーツは、やはり同系色の紺(ネイビー)です。統一感が生まれ、すっきりとしたスタイリッシュな着こなしができます。濃色の紺だけでなく、明るめのブルーのスーツにすると、更に若々しい印象になります。ネクタイもネイビーにした、ブルー系コーディネートがおすすめ。

紺色スーツ&ブルーシャツ

●青シャツ×グレースーツ

グレーのスーツも青シャツと相性よし。グレーのスーツは落ち着いた誠実な印象を演出しますが、白系ではなくブルー系のシャツと合わせることで、固すぎず少し柔らかい印象になります。スーツの色を明るめにすると、若々しく、フレッシュなイメージもプラスされますよ。スーツの色を明るめにする場合は、ネクタイを濃色にしてアクセントをつけましょう。

グレースーツ&ブルーシャツ

●青シャツ×茶スーツ

茶色のスーツと青シャツは、ぜひ試してみてほしい組み合わせです。シャツの爽やかさとシックなブラウンで、大人っぽいおしゃれを楽しめます。秋冬のコーディネートとしてもおすすめで、温かみのある印象になります。

ブラウンスーツ&ブルーシャツ

●青シャツ×黒スーツ

黒のスーツは基本的にどんなシャツでも合いますが、白いシャツを合わせると冠婚葬祭のような印象になってしまいます。ブルーのシャツにすることでフォーマル感を減らし、ビジネスシーンでも固すぎないコーディネートを楽しむことができます。ブラックスーツはどうしても全体が暗くなりがちなため、はっきりとした柄のシャツにするのがおすすめです。

ブラックスーツ&ブルーシャツ

6.季節別おすすめコーディネート

青シャツは年間通して活躍するシャツです。ここでは季節に合わせたおすすめコーディネートをご紹介します。

●春のコーディネート

春は明るめな色を差し色にしてみましょう。シャツはサックスブルーにして、ネクタイはイエローなど淡い色を。スーツも少し明るめのネイビーにすると、より春らしい装いに。

スプリング ブルーシャツ

●夏のコーディネート

夏はクールビズを意識した、少しカジュアルなスタイルがおすすめ。柄がしっかりとあるシャツを選び、チーフを挿すと、ネクタイを外しても物足りなさがありません。

サマー ブルーシャツ

●秋のコーディネート

秋はグレー系や茶系のスーツに合わせてシックなコーデがおすすめ。チェックのシャツを合わせたトラディショナルな雰囲気で、ファッションの秋を楽しみましょう!

オータム ブルーシャツ

●冬のコーディネート

起毛感のあるウールのネクタイを合わせると、スーツスタイルにも季節感が出ます。いつもと同じ色の組み合わせでも、ネクタイの素材を変えるだけで違った印象になるので、ぜひ試してみてください。

ウインター ブルーシャツ

7.シーン別おすすめコーディネート

キッチリしたい場面から少しカジュアルな場面まで、さまざまなシーンに合わせたおすすめコーディネートをご紹介!

●新生活に

新しい環境でスタートを切る時には、好感度の高い爽やかコーデがおすすめ!スーツはネイビーできっちりと。シャツは織柄ストライプ入りのシャツで、少しおしゃれに。

新生活向けブルーシャツ

●商談に

大切な商談の場では、フォーマル度の高い無地の青シャツとドット(水玉)のネクタイで。落ち着きのあるグレーのスーツで「知的さ」や「信頼感」を高めて。

商談向けブルーシャツ

●ちょっとした集まりに

レストランでの結婚パーティーや、ちょっとした会食では「華やかさ」を意識して。ポイントは「光沢」です。シャツは織柄入り、ネクタイは明るい色の光沢感のあるものを選ぶとよいでしょう。ブラックスーツとチーフでフォーマル感アップ。

華やかブルーシャツ

●クールビズに

涼しげなブルーはクールビズスタイルにぴったり。麻素材のシャツを選ぶと、見た目にも涼しく、また通気性もよくサラっとした肌触りを楽しめます。

また、ポロシャツタイプのシャツも夏にはおすすめ。通常のビジネススタイルでは合わせにくいネイビーなどの濃色シャツも、カジュアルスタイルならよく似合います。パンツは白やベージュのチノパンタイプを合わせてカジュアル度アップ!

クールビズにブルーシャツ クールビズにブルーシャツ

8.まとめ

青シャツは、白シャツほど堅苦しくなく、それでいて崩しすぎることのない、好感度の高いシャツです!幅広い場面で活躍する便利なシャツなので、ご紹介したコーディネートを参考に、ぜひ青シャツのかっこいい着こなしを楽しんでくださいね!

青シャツの商品一覧 はこちら >>